楽天銀行のおまとめローンとは?

楽天銀行おまとめローン(スーパーローン)とは?

こちらでは楽天銀行がどういった会社なのかをご紹介していきたいと思います。
楽天という名前が付いているから、楽天系列なんでしょう?
そう思われている方も多いかとは思いますが、実際には成り立ちが少々変わっている銀行になります。

 

元々の社名はイーバンク。
という点は広く知られていますが、その前の名称はあまり認知されていません。
「日本電子決済企画株式会社」
これが楽天銀行の大元となった存在になります。

 

2000年に設立をし、2001年からイーバンクという名称に変更されました。
覚えやすい名前と、日本で2番目に登場したネットバンクという点で、大きく注目されるようになりました。

 

2003年にはライブドアと提携をした事で、さらに知名度を上げ、「ネットで口座を作ろう!」という宣伝が顕著に見受けられるように。
その後、ライブドア事件によって共倒れ寸前までいくものの、旧来の「オンライン上での利便性」を武器に何とか立ち直る事ができました。

 

しかし全銀ネット(日本全国の銀行が利用しているデータ通信システム)に加入していないことが原因で、先細りだった利用者を増やす方向に急遽シフトチェンジ。
2005年に一度支店番号が変更される等、大きな変革が求められる時期に突入します。

 

その後、資本提携によりイーバンク銀行は楽天の連結子会社に。
2009年には完全吸収され、現在の「楽天銀行株式会社」という名称に変更される事になりました。

 

この吸収される段階まで、実はカードローン自体は計画のみで、銀行業務が主な仕事でした。
現在ではローン業務を始め、楽天銀行カードの多様化など、一般的な銀行と同じような様々なサービスを展開しています。

 

今までは特徴めいた特徴が無い銀行・・・という位置付けが一般的だったのですが、楽天銀行という名称に変わってからは、楽天グループと連携した様々なサービスがユーザーにダイレクトな恩恵として好印象を与えていると言われています。

 

その最たる例が「楽天バンク決済」の存在。
楽天ショッピングで利用した料金が、そのまま口座から引き落されるサービスで、これは他のネットショッピングでは真似できないサービスだと言われています。
実際にその通りで、楽天銀行で口座を作るメリットを生み出したサービスと言えるでしょう。

 

また、振込手数料がジャパンネットバンクとは異なり、条件付きながらも同行間での手数料は無料になるなど、新しい銀行スタイルを打ち出した事でも注目されました。

楽天銀行のおまとめローンはどこがおすすめ?